1%のゆうき

【挨拶】 このページを見て頂きありがとうございます。 食事には沢山の人の想いが詰まっています。 食べる人が元気で笑顔でいて欲しい。 その切なる想いが食事には詰まっています。 野菜は「生きもの」です。 呼吸もすれば熱も出します。 作る人の心配も伝わります。 運ぶ人の声も聴いています。 だから 想いをもって接すると 心と心が響く感じがします。 わがままに成長しても 素直に真っ直ぐ成長しても 私たちの信頼する生産者さんの 想いがいっぱい つまった野菜たちです。 天候にも影響を受けた野菜も。 旬を感じる野菜も そこには沢山の物語があります。 その野菜と物語を 感謝と共に食べたいと思っています。 不格好な野菜に愛を感じています。 緑のゆうき一同 【私たちの想い】 ①はじまりの想い 6度の入院がうんだ健康への想い 緑のゆうきは代表は人生で6度の入退院を繰り返しました。原因不明の呼吸困難で集中治療室に入ったり、一か月の入院の中で体質が変わり、ぜんそくで眠れない日々を過ごしたりもしました。その中で健康であるためには日々の食生活や習慣の積み重ねの大切さを、身をもって感じていました。 ②私たちの願い 食べることへの感謝を忘れない 家族と暮らしている人、ルームシェアをしている人。一人暮らしの人もいます。いろんな環境の中で、食材が生育から食べられるまでには紡ぐ人のご縁があります。私たちの文化には、「いただきます」と「ごちそうさまでした」という大切な言葉があります。 食べることへの感謝を忘れずに、このご縁が未来を創り、人の思い出に美味しいという記憶となって残っていく。そんな願いを持って届けております。私たちの届ける野菜は口コミで購入者が増えています。笑顔になって欲しい大切な人が増えています。京都の生産者さんにも毎週足を運んで一緒に畑の野菜と話をしています。 一歩一歩地道ですが、思いを持ってつながるチームです。十年、二十年と時間を重ね、人生をともに歩んでいける末永いお付き合いができればと思っています。 人も野菜も大好きです。私たちと末長く「緑のゆうき」をつくって頂く、一員となっていただけると幸いです。 【1%のゆうき】 売り上げの1%を 環境や子どもたちの笑顔になる 未来を創る活動に寄付などの応援をします。 食は命であり、食が変われば、未来は変わります。食を育む環境や、子どもたちの笑に役立てたらと思い、「1%のゆうき」プロジェクトとして、売り上げの1%を環境、子どもたち、農業などの未来を創る活動に寄付などの応援をします。 買うということは、未来の選択であり、買うこと、贈ることによって、一緒のチームとしてできる社会貢献です。私たちが住む環境も、文化も先輩たちが作り育んできたものです。それを子供たちに繋げるのは、私たち1人ひとりの役目だと思います。 一緒に「1%のゆうき」を育てて頂けたら幸いです。